実務者研修と初任者研修の違いを知ろう!

実務者研修とは

実務者研修とは介護ヘルパー1級に相当します。実務者研修は研修時間が450時間あり、国家資格でもある介護福祉士の資格を取る上でも必要な研修となるでしょう。実務者研修には介護職員初任者研修が行う修了試験はありません。

初任者研修とは

初任者研修とは、介護に関する知識が全くない人に向けた研修です。国家資格ではないが、介護福祉士になる上で必要な知識や技術を身に着けることが出来ます。ヘルパー2級に相当し、研修終了時に試験があり知識が身に付いたか確認テストを行います。

実務者研修の通信講座がある!

実務者研修は450時間の長い研修を必要とします。近年通学のほかに通信教育を併用して利用される方が多く、通信講座を利用される場合、最短1か月で実務者研修の資格を得ることが出来、仕事で忙しい人にはお勧めです。

実務者研修の講座を受けておくと良いことベスト3

勉強
no.1

仕事の幅が広がる

実務者研修を受け、その後に行われる実地研修を受けることで一部の医療行為が可能になります。今までたん吸引や経管栄養は看護師や医師など医療従事者ではなくては処置が出来ませんでした。しかし近年介護士でもこの行為ができることから仕事の幅が広がります。

no.2

就職がしやすくなる

高齢化社会となっている現在、介護士の人数が不足しています。介護の仕事をしたいが全く知識のない人が介護をするよりも、実務者研修を受けている人であればアピールポイントにもなり、履歴書に記載すればこれから介護施設で就職をする上で有利になります。

no.3

国家資格取得に必要

国家資格である介護福祉士の資格を取得する上で、実務者研修は受けておくと役に立つと言われています。介護福祉士になるためには医療に関する知識や技術など様々な知識を必要としますが、この実務者研修を受けることでその資格取得もし易くなるでしょう。

介護福祉士になりたいなら実務者研修を受けておこう

介護

介護福祉士を目指す方に必須の実務者研修

介護士はこれからますます必要とされる資格の一つです。どの介護施設でも介護士の人手が不足しており、一人の介護職員がたくさんのお年寄の介護をしている状態で厳しい状況のなか介護をしています。将来的に介護職に就きたいと考えている場合、この実務者研修は介護職員を目指す上で必須の研修です。実務者研修は高い介護に関する専門知識や技術を身に付けられ、介護事業所で就職をしたあと、サービス提供責任者になる上でも優位です。実務者研修取得後は、ヘルパーやケアマネジャーとサービスの利用者のパイプ役となるサービス提供責任者になることが出来ます。